最もお金の無駄遣いになるカメラ機材ランキングTOP7

By 2014年12月24日映像撮影のコツ
Pocket

最もお金の無駄遣いになるカメラ機材ランキングTOP7

7位 Canon タイマーリモートコントローラー

canonリモートタイマータイムラプス動画を撮るには、専用のモードが用意されているカメラ出なければ、リモートタイマーが必要だ。Canon純正のリモートタイマーは1万3000円くらいもする。たが、純正のもの以外は2500円程度で手に入る。機能と仕組みは非常にシンプルなものなので、なぜ純正のものがこんなに高い値段設定なのかが謎だ。2500円のものでも特に問題なく2年間使い続けれている。もしCanon 5D mark3を使っていてMagic Lanternをインストールする勇気があれば、そもそも必要はない機材だ。

 

 

6位 各レンズごとに複数のNDフィルター

NDフィルターNDフィルターはレンズに合わせて幾つも揃える必要はない。自分が使っている一番口径が大きいレンズのサイズのもの一つと、あとはステップアップリングがあればそれより小さいレンズにも使える。更に可変式のNDフィルターを買っておけば、レベル別にフィルターをいちいち買う必要がなくなる。露出のコントロールにも役立つのでオススメだ。

 

 

5位 安もののワイヤレスマイクシステム

安いワイヤレスシステム
安いワイヤレスシステムの誘惑は凄いものだが、チャンスが一度しかない大切なインタビューなどに備えて、ここはケチらずにちゃんとした機材を揃えた方が良い。安物だとノイズや誤診号を受けやすいのであとで編集に苦労することになる。
それに、撮影は冷や汗垂らしながらよりも安心してできたほうが良いものが撮れる。

 

 

4位 安ものの三脚

安い三脚
安物の三脚でスムーズにパンやチルトができると思ったら大間違いだ。
スチール撮影には使えたとしても動画はそうはいかない。私自身も初期に購入した安物の三脚は、レフ板を支えるためくらいにしか使えない。

 

 

 

 

3位 サードパーティー社製のバッテリー

安いバッテリー
サードパーティ製の安物のバッテリーはプロとしては使用しない方がいい。それらは持ち時間が短く、バッテリーを頻繁に取り替えるたびに、データ破損のリスクを負っているからだ。
ただ趣味としてだけの撮影で、いくつもバッテリーを持ち運ぶことが嫌でなければ使ってもいいだろう。

 

 

 

2位 怪しいブランドのSDカード

安いSDカード
聞いたこともないようなメーカーのSDカードには手を出さない方がいい。カメラに入れて撮影をしようとしても数秒間しか記録されないなんてことはよくあることだ。SDカードはトランセンドかサンディスクのどちらかのブランドが安心だ。

 

 

 

 

1位 UVフィルター

UVフィルター
レンズを日頃から丁寧に扱っていて、レンズフードを付けているのであれば、UVフィルターは不要だと感じる。
レンズの前に何かしらのガラスのレイヤーを追加する度に、レンズの中での光の反射の仕方に影響を与えて結果としては画質を低下させることになるということを忘れずに。実際に必要だと言えるフィルターはNDフィルターと偏光フィルターぐらいだ。20万以上するような70mm 200mmのレンズを保護したいのであればUVフィルターをつけてもいいかもしれないが、それならせめて3000円の安物UVフィルターではなく、一番高くて精度の高いものにしたほうが良いだろう。

Pocket