Pocket

動画の形式

動画の形式は、動画の縦方向の解像度を元にして表記されることが多い。動画の解像度が640×480ドットであれば480iや480pといったように。

テレビ放送のHD化が始まって以降は、主立った動画は全てテレビ放送の画面の縦横比と同じに統一されていて、これらの動画の場合には、1280×720ドットの解像度を持つ動画であれば、720iまたは720p。フルハイビジョンまたはフルHDと呼ばれる1920×1080ドットの解像度を持つ動画であれば、1080iまたは1080pと呼称される。

11_1

最近TV放送や液晶TV製品などでも話題になっていて、このサイトのメインテーマでもある「4K」だけは何故か横方向の解像度で呼称されていて、横方向に約4000ドットの解像度を持つ動画のことを4K動画と呼んでいる。具体的には、3840×2160ドットまたは4096×2160ドットの解像度を持つ動画のことを4K動画と表現する。

11_2

数字のあとに「i」や「p」がつく場合には、これは「インターレース」と「プログレッシブ」の略である。画面を構成する点の横方向一列を、各コマごとに毎回全列一度に書き換えるのがプログレッシブスキャン、一列おきに交互に書き換えるのがインタレーススキャンである。

インタレーススキャンはアナログTV時代に、単位時間当たりに送る情報量を減らしつつ動きの滑らかさを失わないようにと考案された方式で、デジカメで撮影する動画にはあまり採用例がないかもしれない。

また、動画は解像度の他に1秒あたりの静止画の枚数(=コマ数)による区別も存在する。映画と同等の秒あたり24コマ(24fps:Frames Per Second)、秒あたり30コマ(30fps)、秒あたり60コマ(60fps)といったものが代表的である。

秒当たりのコマ数が多い方が動きを滑らかに表現出来るが、その分、記録するために必要な情報量が大きくなる。分かりやすい形としては、動画のファイルのサイズが大きくふくらむことになる。

Pocket