Pocket

ホワイトバランスとは

一言で表現するならば、ホワイトバランスとは様々な光の条件の下で、白を真っ白として再現するための色のバランス調整のことである。

デジタルカメラでは今は全ての機種にホワイトバランス調整を自動で行って自然な色合いを表現するための、「オートホワイトバランス」という仕組みが組み込まれている。

実際にはホワイトバランスの調整では白を白として表現するだけではなく、あえてその時々の光の雰囲気を残すために色の偏りを残す調整を行うこともある。

日の出と夕日

例としては、日の出の時間や夕焼けの時間帯の撮影がある。朝日、夕日の時間帯には太陽光もかなり赤方向に色が傾いているが、これを完全に補正して白を真っ白に表現してしまうと、朝の雰囲気、夕景の雰囲気が全くなくなってしまう。

こういったことを防ぐために、現在のオートホワイトバランスの仕組みにはリミッターが仕込まれていて、ある程度以上光が赤方向に偏っていた場合には、これは白熱灯の下や夕日の下で撮られた写真なのだろうとカメラが判断して、色の補正を行わない、あるいは補正を限定的な範囲にとどめるような処理を行うようになっている。

このため逆に、夕日や白熱灯の下でも白を真っ白に表現したい場合には、オートホワイトバランスのままだと望む結果が得られない、ということになる。

こういった場合にはカメラに用意されているホワイトバランスの「プリセット」で白熱灯モードに切り換えたり、「色温度」指定を行ってやる必要がある。更に厳密に調整を行う場合には、真っ白な被写体を用意してそれを一旦撮影することで、手動でホワイトバランス調整を行うことが出来る機能を持つカメラが多い。

ホワイトバランス

ホワイトバランス調整の機能を逆手に取れば人間がある程度色合いをコントロールすることが出来るため、より夕焼けの赤を強調したり、雪のある冬の寒さの雰囲気を強調したり、といった表現を行うことも出来る。

色比較


Pocket