一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第1章 【カメラの仕組みと種類】

Pocket

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第1章 【カメラの仕組みと種類】
この講座は、カメラのことを何も知らない初心者がデジタルカメラで動画を撮影するための基礎知識を学んでもらうためのものだ。
「カメラを買ったはいいけど、どうしたらいいのかわからない」という方はまずはこのシリーズを読んで初心者を脱却しよう。
今は知識がゼロだとしても、このシリーズを読み終えてもらえれば、当サイトのどの記事を見ても「はてな・・・?」となることはなくなり、より楽しいカメラライフを送れる手助けになると思うので是非最後まで読んで欲しい。

カメラの仕組み

カメラは被写体からの光をうけて画像を記録するフィルムやイメージセンサーを持ち、それらの上に被写体の像を投影し画像を記録するのに適切な光の量を与えるために、以下の5つの機構を備えている。

1. レンズ
2. シャッター
3. ファインダー
4. 焦点調節機構
5. フィルム装填部またはイメージセンサー

カメラの仕組み

レンズレンズには、通過する光の量を調節する「絞り」と呼ばれる機構を備えていることが多い。この「絞り」に関しては別章にて説明を行う。

被写体から出た光は、レンズによってフィルムやイメージセンサー上に投影され、レンズが備える絞りとシャッターによって、適切な光量となるよう調整が行われる。

被写体とカメラとの距離によってレンズが像を結ぶ場所が前後に移動するため、これを常にフィルム/イメージセンサー上に位置させるために、焦点調節機構が必要になる。現在の多くのカメラでは、焦点位置(フォーカス)の調節はカメラが自動で行うようになっており、この仕組みを「オートフォーカス」と呼んでいる。

イメージセンサーデジタルカメラでは、レンズを通して画像が結ぶ場所には「CMOS」や「CCD」といったイメージセンサーと呼ばれる半導体があり、これらがフィルムカメラでのフィルムの役割を果たす。

イメージセンサーはごくごく単純化すると、非常に小さな太陽電池の粒が膨大な数、規則的にならんだICチップ、と言える。ここから出力される電気信号をカメラ内部の電気・電子回路で処理することで画像に変換し、今ではメモリカードと呼ばれるフラッシュメモリに記録するのが一般的な仕組みとなっている。

動画は原理的にはパラパラ漫画と同様の仕組みで実現されている。1秒間に30枚、60枚といった数の静止画を連続して表示し続けることで、被写体が動いているように見せるものとなっている。

カメラの種類

デジタルカメラの種類には大まかな分類として、以下4つのジャンルの製品が存在する。

1. コンパクトデジタルカメラ
2. デジタル一眼レフ
3. ミラーレス一眼
4. カムコーダ

コンパクトデジタルカメラ

コンデジコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジと表記)はその名が示す通りカメラ本体のサイズが小さなもの、というのが語源ではあるが、最近のミラーレス一眼にはサイズ的にはコンデジと大差ないものも多く、カメラのサイズだけでの区分はしにくくなっている。イメージセンサーのサイズの大小によってコンデジとそれ以外のデジタルカメラを区別する考え方もあったが、最近では、ミラーレス一眼やデジタル一眼レフと同等のサイズの大きなイメージセンサーを持つコンデジも製品化されるようになったため、こちらの分類も使いにくくなった。このため今では、概ね「レンズ交換が可能かどうか」をコンデジとそれ以外のカメラとの線引きに使用するようになっている。現在は、レンズ交換が出来ないデジタルカメラをコンパクトデジカメと呼ぶようになっている。

デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフデジタル一眼レフの「レフ」とは元は「レフレックス」、反射のことで、ファインダーに光を導くために、イメージセンサーやシャッターの前にレンズから入ってくる光を上方向に90度反射する鏡がある。これを「ペンタプリズム」という特殊なガラスのプリズムで正立像に直してファインダーとしている。この機構により、撮影用のレンズと同一のレンズで、撮影されるのと同様のイメージをファインダーで確認出来るようになっているのが、「一眼」と呼ばれる所以である。デジタル一眼レフはDSLRと呼ばれることもある(Digital Single Lens Reflexの略)。
デジタル一眼レフはコンデジとは違って、レンズを取り替えて様々な画角での撮影が可能であると同時に、機能的な自由度も圧倒的に高く、プロも撮影に使用している。

一眼レフの仕組み

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼デジタル一眼レフとミラーレス一眼との違いは、名前の元にもなっている「ミラー」、鏡の存在の有無が境界線である。
ミラーレス一眼のファインダーは、レンズを通してイメージセンサーが受け取った像を画像処理して液晶などの表示装置に表示してしている。このためそもそもファインダー用のレンズや、一眼レフのミラーやファインダー用の機構といったものは必要がない。カメラの仕組み上、ミラーが必要なくなっていることから「ミラーレス」という名前が付けられた。また、撮影用のレンズとファインダー用のレンズが統一されているという意味で、こちらも「一眼」である。ミラーを使用してファインダーに画を写していないからといって、デジタル一眼レフカメラよりも劣っているわけではない。

ミラーレスの仕組み

カムコーダ

カムコーダここまでに説明した3種類のカメラは静止画撮影を主目的としていて、動画撮影機能はプラスアルファの機能として実装されている機種が多いのに対し、最初から動画撮影を主眼に置いて作られたカメラがカムコーダである。大本のビデオ撮影用のシステムは、カメラ部と動画を記録するビデオレコーダー部が分離していた。システムの小型化によりこの二つが一緒になったカメラが作られるようになり、現在では一体型のカムコーダが主流となっている。カムコーダの語源はvideo CAMeraとvideocassette reCORDERをつなぎ合わせた造語である。現在ではカムコーダの動画もデジタル化されており、デジカメ同様に、イメージセンサーでとらえた光を電気・電子回路を通してデジタルデータ化し、本体内蔵またはメモリカード内のフラッシュメモリに記録するタイプが主流となっている。出発点は全く異なっていた静止画向けのカメラと動画向けのカメラであるが、現在では内部の構成は良く似たものとなっている。
カムコーダの中には家庭用ビデオカメラと、業務用カメラがあり、家庭用のカムコーダはデジタル一眼レフやミラーレス一眼に比べて機能的な自由度が低い。


Pocket