11_eye

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第11章 【動画の形式】

By | 未分類 | No Comments

動画の形式 動画の形式は、動画の縦方向の解像度を元にして表記されることが多い。動画の解像度が640×480ドットであれば480iや480pといったように。 テレビ放送のHD化が始まって以降は、主立った動画は全てテレビ放送の画面の縦横比と同じに統一されていて、これらの動画の場合には、1280×720ドットの解像度を持つ動画であれば、720iまたは720p。フルハイビジョンまたはフ…

Read More
10_eye

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第10章 【被写界深度とは】

By | 未分類 | No Comments

被写界深度とは 被写界深度とは、画像のなかでピントが合っているように見える範囲のことである。 レンズが結ぶ像の中では厳密にピントが合っている場所は1平面上にしかないが、実際にはいろいろな観点からピントが合っていると見なせる、ピントが合っているように見える範囲が存在する。 被写体となっている場所の距離的な奥行き方向の範囲となるため、被写界深度と呼ばれる。 ピントが合っている範囲が広い状態は「被写界深…

Read More
09_eye

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第9章 【ホワイトバランスとは】

By | 未分類 | No Comments

ホワイトバランスとは 一言で表現するならば、ホワイトバランスとは様々な光の条件の下で、白を真っ白として再現するための色のバランス調整のことである。 デジタルカメラでは今は全ての機種にホワイトバランス調整を自動で行って自然な色合いを表現するための、「オートホワイトバランス」という仕組みが組み込まれている。 実際にはホワイトバランスの調整では白を白として表現するだけではなく、あえてその時々の光の雰囲気…

Read More
一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第8章 【画角と焦点距離とは】

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第8章 【画角と焦点距離とは】

By | 未分類 | No Comments

画角と焦点距離 画角とはカメラで撮影される画像に映し出される範囲を角度で表したものである。単純に画角、と言われる場合には、画面の対角線に対応する角度のことを言われる場合が多い。焦点距離とは、レンズの光学的な意味での中心を表す主点から、レンズに入射した光が一点に集まる焦点までの距離を表す。 この二つは写真においては相関関係があり、あるカメラにおける画角を決める要素の一つが焦点距離となっている。その他…

Read More
露出とは

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第7章 【露出とは】

By | 一眼動画の入門講座 | No Comments

露出とは 写真における露出とは、フィルム/イメージセンサーに光を当てること、レンズを通ってくる光の総量、画像そのものの明るさを示す言葉として使われる。レンズを通ってくる光の総量という意味での露出は、レンズの絞り、シャッタースピード、ISO感度の組み合わせによって決定される。 絞りを一段変化させることと、シャッタースピード、ISO感度を一段変化させることでは、露出値に対して同じ効果をもたらすようにな…

Read More
一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第6章 【ISO感度とは】

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第6章 【ISO感度とは】

By | 一眼動画の入門講座, 未分類 | No Comments

ISO感度とは ISO感度とは、元々の意味としては写真フィルムがどの程度まで弱い光を記録出来るかを表す指標である。デジタルカメラになっても実際の感度をフィルムの感度に合わせる形で、カメラの感度をISO感度という形で指定出来るようになっている。 ISO感度の数値が2倍になると、F値とシャッタースピードが同じままでも、1段分余分に光を当てたのと同じ効果が出る。 簡単に言うと偽物の光のようなものだ。f値…

Read More
一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第5章 【シャッタースピードとは】

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第5章 【シャッタースピードとは】

By | 一眼動画の入門講座 | No Comments

シャッタースピードとは シャッタースピードとは、フィルムやイメージセンサーのある一点に、撮影の際の光が当たる時間のことを言う。「スピード」という名前にはなっているが、速度を表す言葉ではない。単位は時間、秒となる。 光の当たる時間が長いことを「シャッタースピードが遅い」といい、光の当たる時間が短いことは「シャッタースピードが速い」と表現する。 シャッタースピードもフィルム/イメージセンサーに当てる光…

Read More
絞り(アパチャ)とF値とは

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第4章 【絞り(アパチャ)とF値とは】

By | 一眼動画の入門講座 | No Comments

カメラに搭載されている「絞り」とは、レンズを通過する光をさえぎって、デジタルカメラであればイメージセンサーに到達する光の量を調整するための遮蔽物のことである。人間の虹彩と同様の働きをするものと考えると分かりやすいかもしれない。 カメラではフィルムもイメージセンサーも、取り込まれる光の量が多すぎると情報が飽和してしまい画像を再現出来なくなってしまう。具体的には、被写体がどんな色をしていても、真っ白な…

Read More
一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第3章 【ライティングの基本】

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第3章 【ライティングの基本】

By | 一眼動画の入門講座 | No Comments

ライティングとは、被写体に対する光の当たり方/当て方を利用、あるいはコントロールすることで表現を変化させる、画像を組み立てる際の要素の一つのことである。ライティングに気にかけるようになると、映像のクオリティはグーンっとあがる。脱・初心者に必要になる大きな一歩だ。でもライティングを完璧にマスターしようとするとなかなか大変なので、まずは最低限だけを覚えておこう。 3灯照明 最も基本的なライティングパタ…

Read More
一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第2章 【構図の基本】

一眼レフカメラでの動画撮影入門講座 第2章 【構図の基本】

By | 一眼動画の入門講座 | No Comments

構図というのは、おおざっぱに言ってしまえば被写体を画面の中にどう配置するか、ということである。 構図の型に合わせて撮影さえすれば、自動的にバランスが取れた作品ができる。もちろん構図だけ整っていれば美しい作品になるとは限らないが、構図を頭に入れておくと撮影アングルに迷ったときに役に立つだろう。 構図の一般的なセオリーにはいくつもの種類があるが、そのうち代表的ないくつかをピックアップすると以下のように…

Read More